給食後にアレルギー症状

横浜市内13の小学校に通う児童17人が給食を食べた後にアレルギーの症状を訴え、2人が病院に搬送されたとのことです。
コロッケに脱脂粉乳が使われていたことが原因とみられてます。
横浜市の教育委員会によりますと、28日に市内の13の小学校で、合計17人の児童が給食を食べた後に発疹やのどの違和感を訴えました。
うち2人は病院に搬送されましたが、現在は全員、症状が治まっているそうです。
原因を調べたところ、材料に含めないよう指示していた脱脂粉乳を北海道の業者がコロッケに使っていたとのことです。
市の教育委員会は「学校給食のなかでこのような事故を起こしてしまい、申し訳ない」「原因究明と再発防止に努めたい」と答えています。
学校給食などのニュースが増えていますね。
学校側には十分に注意して、給食を提供して頂きたいです。