「キレる老人」を脳から考える

最近、キレる老人による事件が増えているそうだ。たとえば、タバコのポイ捨てを小学1年生の男児から注意された75歳の男が男児の首を絞めて逮捕されたという騒動などもあるという。なぜキレる老人が増えているのか。この問題を「脳」の観点から考察するのは、脳情報を提供する「脳の学校」の代表取締役で医学博士の加藤俊徳さんだ。
これまで1万人以上の人間の脳と向き合ってきた脳のスペシャリストは、「脳の老化こそキレる原因」と指摘する。
「高齢者の脳は使っていない範囲がどんどん増えていき、それに伴って脳の機能が衰えてきています。それゆえ物事に対する理解力が低下して感情的にイライラしやすくなる。一方で、老化によって脳内の感情をコントロールする部分が縮み、怒りの感情を抑制することが難しくなります。理解力の低下と感情を抑制できなくなることが車の両輪となり、暴走老人を生むのです」と加藤さんは語る。
脳はさまざまな機能を分担する「脳番地」に分かれて働いており、そのうち物事や言葉を理解するのに関係する「理解系脳番地」と、感情や社会性に関する「感情系脳番地」の働きが劣化することで、キレる老人が出現するというのだ。
携帯ショップで最近よく見かける、「スマホが分からない」とキレる老人がいい例だ。
老年精神医学に詳しい精神科医の和田秀樹さんは、加齢による脳機能の低下により、元々持っている性格がさらに「剥き出し」になるとも指摘する。
「イライラしやすい、キレやすいという性格は、その人の持って生まれた脳やホルモンの働きが大きい。老化により脳の機能が低下すると、そうした性格がさらに顕著になります。もともと短気でキレやすい人は、高齢になるとさらにキレやすくなるんです」とのこと。
キレる老人になりやすいタイプの人は、若い頃から人の立場や考え方を尊重しない自己中心的な人だという。何があろうが”自分は悪くない。悪いのは他の人だ”と思い込んで逆上しやすい。周囲から「あなたは自分のことしか考えていない人ね」と指摘された経験のある人は要注意とのこと。
経済的に豊かで挫折を知らずに育った人も、老後に自分の思い通りにならないことがあると即座に怒りをぶつけがちだという。また会社で役員まで出世するなど、社会的な地位が高い人も、リタイア後、新たな人間関係が築けずに周囲から孤立し、暴走してしまうというケースがあるとのこと。
キレる老人にならないためには、「普段から脳を鍛えること」がいいそうだ。普段使っていない脳の部分を使うことでキレにくくなる。そのためには、まんべんなく脳を働かせるといいという。
また、運動をすることもいいそうだ。下半身を使った運動をすることで脳内に酸素が回り、脳の活動が活発になるという。しかも外で活動する時間が長いほど他人と接する機会も増え、孤立することを避けられる。例えば玄関の掃除でも家の周囲まで延長すれば、近所の人と話すきっかけになる。家に閉じこもることをなるべく避け、散歩を日課にするなど、毎日7000歩は歩くことを心がけるといいそうだ。
またキレる瞬間を生み出さないためには、家族のサポートも不可欠だという。お年寄りは感情のコントロールが効かず、反論されると怒りがどんどんエスカレートするそうだ。イライラし始めたら、できるだけ機嫌を取って、反論せずに受け流すことが、キレさせないコツだという。
脳の衰えによって自分でも感情がコントロールできなくなるとは恐ろしい。自分がそうならないためにも、脳を使うことは大事なのだな。