鳴り砂を守れ

宮城県女川町の海浜は、歩くと音の出る「鳴り砂」が有名だ。この「鳴り砂」を守るため兵庫県西宮市の市民グループと地元住民が浜の清掃活動を始めるという。
東日本大震災の津波のがれきにより一時失われた音は撤去作業後に戻ったが、震災で町の人口が減ってしまい、漂着ごみを清掃する人手が不足している。
西宮市のメンバーは、阪神大震災の恩返しを、という気持ちがあるようだ。
「鳴り砂」は石英が6割以上と多く、異物の少ないきれいな砂浜だ。現在砂浜は漂着物や空き瓶、ビニール袋などで景観が損なわれている。
鳴り砂を守る会の浅野正雄さん(73)は「鳴り砂は地元の宝物。支援はありがたい」とし、福嶋さんは「今後も継続して連携する方法を模索したい」と話したという。
折角失われた音が戻ってきたのだから、きれいなままとどめておきたいものだ。がれきの撤去も大変だったと思うが、もうひと頑張りといったところか。

福山雅治、一夜限りの「魂ラジ」復活

2000年3月25日にスタートをして、2015年3月28日に最終回を迎えるまで、土曜日の夜のラジオの看板番組として丸15年の間、全783回がオンエアされた、「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ」が、およそ1年ぶりに一夜限りで復活をすることがわかりました。
2015年3月28日、「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ」の最終回終了の後の挨拶で、「また何食わぬ顔で戻って来られるように。戻って来てくださいと言われる人間でいられるように、頑張っていきたい」と話してからほぼ1年。
本当に戻ってくることになりました。

石川遼が結婚を発表

プロゴルファーの石川遼が3月2日に自身の公式サイトを更新し、かねてから交際中であった一般女性と結婚したことを報告しました。
同ブログでは、「ファンのみなさまへ」と題して、「いつも応援してくださっている皆様にご報告があります。私、石川遼はかねてからお付き合いをしていた女性の方と本日入籍した事を慎んで報告させていただきます。」と報告をしました。
石川遼は、アマチュア時代の2007年に国内ツアーを史上最年少の15歳で制し、当時話題を呼びました。
翌年、16歳でプロに転向し、2009年には18歳で日本ツアー最年少で賞金王となりました。
2011年10月には、中学時代の同級生と交際していることを発表。
2012年3月に婚約をしていました。今季は、2月初旬に腰と股関節の痛みを発症して、AT&Tペブルビーチ・プロアマを欠場。
アメリカ国内で調整を続けていたものの、2月20日に一時帰国をし治療を受けています。
ご結婚、おめでとうございます。