「ネコノミクス」効果2兆円超

和歌山電鉄貴志川線貴志駅の駅長で、昨年6月にこの世を去った三毛猫「たま」の人気や、猫をテーマにした書籍やスマホゲームのヒットなど最近の猫ブームがもたらす経済効果「ネコノミクス」について関西大の宮本勝浩名誉教授が試算したところ、平成27年は飼育費やグッズ売り上げ、観光費用などを含め約2兆3千億円に上ったことがわかったそうだ。
国内で最も飼育されているペットは犬だが、近年のブームの影響もあり猫の飼育数は犬に迫る勢いだという。宮本氏は「今は犬の経済効果の方が大きいとみられるが、近い将来、ネコノミクスがペットの経済効果のトップを占めるかもしれない」と分析しているという。
一般社団法人ペットフード協会の27年「全国犬猫飼育実態調査」によると、国内で飼育されている猫は推計約987万4千匹。宮本氏はこの調査をもとにしさんしたそうだ。
年間のエサ代やおもちゃ代といった日用品、動物病院の費用など猫の飼育にかかる経費を約1兆1千億円としたという。さらに、猫のグッズや写真集の売上高約30億円、たま駅長とその後の後継者「ニタマ」を見ようと、観光客が訪れる地域への効果約40億円などと計算。これにペットショップなど猫に関係する企業や店舗の売り上げ増加や、従業員らの収入増加による波及効果も加え、猫が総額約2兆3162億円をもたらしたとした。
同協会によると、猫と犬の飼育数は23年には犬が233万匹多かったが、27年には猫が約4万匹差まで迫った。今後、高齢化や一人暮らし世帯の増加によって、犬に比べて散歩などの世話の負担が少ない猫の飼育数は任を逆転するとみられ、ネコノミクスはさらに上がるとみられている。
「ネコノミクス」という言葉を初めて聞いたが、なんだかかわいい響きだ。猫を飼う人口が増えるのはいいが、犬にしても猫にしてもきちんと責任をもって生き物を飼育している自覚をきちんと持ってほしい。